ニキビケア

ニキビを治したい人へ!ぬるめの短時間風呂がオススメ

更新日:

huro02

ニキビを治したい人へ!ぬるめ時間風呂がオススメ

長風呂が好きな人、嫌いな人、どちらもいますよね。私は嫌いではないですが、面倒くさがり屋なのですぐ出たくなってしまいます。中には一日一回以上入る人もいるみたいですね。

そんな毎日入るお風呂ですが、ニキビと大きく関係しているのを知っていましたか?

 

実は熱いお風呂や長時間の風呂が好きな人は、ニキビを悪化させたり新たに発生させたりしてしまっている可能性があるのです。

では、どうしてそれがいけないのか、オススメの入浴方法はどんなものなのか、一緒に見ていきましょう。

熱いお湯での長時間入浴がニキビに良くないのはなぜ?

4758b8fb0bafeddd149cb22d54a0fa16_s

体の汚れは石鹸で洗わなくても、ほぼ全てお湯で流すだけで落ちてしまいます。石鹸で洗うと体に必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥肌の原因となってしまうのです。

これは熱いお湯でも同じです。熱いお湯で、体がカサカサしたりかゆくなったりしたことはありませんか?

42~43℃くらいの熱めのお湯は、肌への刺激がとても強いため、かゆみを引き起こしたり、肌の潤いをたもつための皮脂を落としてしまうことになるのです。

 

肌の表面には薄い皮脂膜が張っています。だから皮膚は水をはじくのですが、これを一次バリア機能というのですね。

この皮膚上の皮脂膜コーティングによって、肌の内部の水分が蒸発して乾燥するのを防ぐのですが、熱いお湯はこの皮脂膜を溶かして取り去ってしまうのです。だから肌が乾燥してしまうんです。

 

長時間のお風呂も、汗がたくさん出るからデトックス効果があるとか、カサカサの肌に水分を与えるためにだとか、いろいろな理由がありますが、長時間のお風呂で汗をかいたからと言って毛穴の汚れがとれるということは基本的にはありえません

 

また、長時間の入浴は体に水分を与えるどころか、発汗によって体内の水分、ミネラル、ビタミンさえも過剰に排出されてしまうのです。

また、角質層の細胞と細胞を接着させる役割を持つ「セラミド」も失われてしまいます。

これは水分を溜め込む性質があるため、この量が少ないといくら保湿しても意味がないのですね。

 

よって長時間の入浴も肌を乾燥させる原因となってしまうのです。

肌の水分が足りなくなって乾燥してしまうと、ターンオーバーが乱れて肌表面がガタガタになってしまいます。

こうしてバリア機能が壊れると、水分も逃げていきますし雑菌も侵入し放題になってしまうのです。

 

こんな状態ではニキビなどの肌トラブルが起きない方がおかしいですよね。なので、ニキビの大敵である「肌の乾燥」は、極力避ける方が賢明なのです。

どんなお風呂がオススメなの?

2e716b182472ce7c526e7c8cd14a6504_s

お風呂は、38~39℃のぬるめのお湯に10~20分間浸かるくらいが良いようです。これくらいの温度が、体にとって一番リラックス作用があるらしいです。

シャワーだけで済ませてしまう人もいますが、イライラしていると交感神経が刺激されて皮脂分泌を促す男性ホルモンの分泌が増えてしまうらしいので、体を休めるためにもお湯に浸かることは大切です。

 

良い感じに体が温まるので、血行も良くなりますし、お腹の調子もよくなるため便秘解消にも効果的です。便秘はニキビの原因ともなるので注意です。

(関連記事:口周り・フェイスラインにニキビができるのは便秘のせい?

 

また、このようにしてお風呂に入った後は石鹸で体を洗わなくても十分汚れは落ちているので、このままお風呂から出てもOKです。

タモリさんや福山雅治さんも、このような石鹸を使わない入浴方法をとられているみたいですね。

髪もお湯だけで良いという意見もありますが、私は髪は洗わないとベタベタするため洗っていました。

 

体は試しに石鹸を使て洗わずに入浴することを続けていましたが、体臭がすることもなく肌が乾燥することもなく、とても良い感じだったのでいまだに続けています。

ニキビが悪化することもなく新たに増えることもなく、肌のカサカサも治りましたし、スネが乾燥してひび割れてマスクメロンみたいになるのも軽減されました。

 

ぬるめの温度で10~20分間浸かるくらいでニキビや乾燥対策になるなら、お金もかかりませんしとってもお得感がありますよね。

冬は熱いお湯じゃないと嫌!という方もいらっしゃると思いますが、ぬるめで短時間の入浴を一度試してみることをオススメします。

e4d15243f58c478fd07d5d8ce7c0066a_s

ニキビマスターつるのまとめ

お風呂は熱い温度のものだと肌に必要な皮脂まで落ちてしまうため、乾燥してしまってニキビの悪化につながってしまうのでしたね。

また、発汗作用によってデトックス効果があるわけでもなく、ただ体内の水分やミネラルが奪われてしまうだけなので長時間熱いお風呂に入るのはあまりメリットがないのでした。

 

逆に、ぬるめで10~20分間くらいの短時間の入浴であればリラックス効果もあり、さらに石鹸を使わずお湯で流すだけにすることで十分汚れも落ちますし、肌の乾燥を防ぐこともできるためオススメなのです。

 

以上のことから分かるように、乾燥というのはニキビには大敵なんですね。よってしっかり保湿することが大切になってきます。

乾燥を防ぐためにニキビマスターつるがお勧めするのは、浸透力と保湿力によりバリア機能を回復させ、内側から潤いを与えることのできるこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.