いちご鼻ケア

本当にいちご鼻は一生治らない?ニキビと毛穴の黒ずみ改善方法

更新日:

 

いちご鼻一生治らない嘘?ニキビ・毛穴の黒ずみ改善する方法

毛穴の黒ずみって気になりますよね。特に鼻なんかは顕著です。ひどくなると鼻のちょうど中央に大きなニキビがどーんとできてしまうこともありますよね。私も人と近づいて話すのが恥ずかしいくらいに鼻の毛穴が目立ってしまっていました。

毛穴が大きく開いてしまったいちご鼻は、一生治らないなどとよく言われます。

でも「じゃあ私は一生いちご鼻のままなの?」と不安になる必要はありません。

正しいやり方でケアすれば、いちご鼻は改善できます

では、いちご鼻になる原因とその改善方法、ニキビ発展を防ぐ方法について、詳しくご説明させて頂きますね。

いちご鼻のブツブツの正体とは?

いちご鼻のブツブツ、本当厄介ですよね?そもそもこのいちご鼻のブツブツの正体って一体何者なのでしょうか。

いちご鼻のブツブツの正体、それは毛穴の汚れが固まってできた角栓なのです。この角栓ができることによって、いちごのようなブツブツの鼻になってしまうので、毛穴に汚れをためずにしっかりお手入れしていきたいですね。

女性であれば、ノーメイクが好きだという場合以外は、毎日メイクをしていると思いますが、このメイク汚れをしっかり落とさないことで、毛穴にメイク汚れが付着して頑固な角栓ができあがってしまいます。

また、オイリー肌の場合や、肌が乾燥している場合、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴にどんどん詰まっていき、その皮脂汚れをしっかり除去しないでいると、いちご鼻のブツブツの原因につながってしまいます。

いちご鼻のブツブツは、毛穴の汚れによってできる角栓が原因なので、毛穴に汚れを残さない、しっかり洗顔を心掛けていくこと、そして肌の乾燥を防ぐために、洗顔後の保湿をきちんとしていくことも重要です。

どうしていちご鼻になってしまうのか?

いちご鼻の原因は一言で言ってしまえば「毛穴の開き」です。

古い角質や皮脂、埃や老廃物などが毛穴に溜まり、これが酸化して固まることで毛穴が開くため、汚れや毛穴の影が黒ずみとなって表面から見えるようになります。

また、少し毛穴が目立つようになってきたことで、これをかくすために上から厚化粧をしてしまったりすると、開いた毛穴にメイクの汚れが入り込んでしまい、結果として余計に毛穴を開かせることになってしまいます。

鼻というのはおでこ、顎のように皮脂の分泌が多い場所です。したがって必然的に皮脂の酸化物も多くなるため、他の部分よりも毛穴の詰まりを除去するのが難しいのです。

いちご鼻になりやすい人の特徴を以下にまとめました。

  • 洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使用している
  • 毛穴パックなどをよく行っている
  • 手で鼻を触るくせがある
  • 食生活や生活習慣が乱れている
  • 鼻がいつもテカテカしている、皮脂の分泌が人より多い

詳しく見ていきましょう。

いちご鼻になる最も大きな原因とは?

皮脂の分泌が人より多いと、その分毛穴に詰まりやすくなるので、当然いちご鼻になる確率は上がってしまいます。

また食生活や生活習慣の乱れも本質的な原因となりますが、これらよりももっと大きな原因となるのは、いちご鼻を改善しようと過剰にケアをしすぎることです。

鼻は皮脂の分泌が多く毛穴がつまりやすい場所だといっても、肌の構成は他の部位と何にも変わりません。

それなのにイチゴのような、びっしりと角栓がつまった鼻になってしまうのはあれこれ手をかけすぎるからです。だから一生治らないなどと言われてしまうのかもしれません。

過剰なケアその1

洗浄力の強い洗顔料を使用すると必要な皮脂も落ちてしまい、乾燥してしまいます。

乾燥というのは肌にとって最も良くない状態の一つで、肌が硬くゴワゴワしたりします。そうなるとニキビが発生する大きな原因にもなってしまいます。

肌が硬くなるということは頑固な毛穴汚れが取りづらくなるということなので、常に鼻の毛穴が詰まっている状態となり、それが取れたとしても、硬い皮膚であるために毛穴が開いたままになってしまうのです。

そのため、この硬く分厚くなった皮膚を柔らかくしないことには、いちご鼻は一生治りません。

過剰なケアその2

また毛穴パックはビリビリ剥がしたら角栓がびっしり取れることから、やみつきになってしまう方もいるかもしれません。

確かに角栓もとれますが、角栓だけでなく周りの角質まで無理矢理皮膚から剥がしてしまうので、肌にとってはとても大きな負担になります。

周りの細胞まで無理矢理剥がしてしまうとどうしていけないのかというと、肌表面に綺麗にならんでいた細胞がガタガタになってしまうからです。

つまり、バリア機能が低下してしまうのです。これは乾燥によって起こることも多いです。

バリア機能が低下してしまうことで肌がザラザラになりますし、内部の水分が蒸発したりアレルゲンが侵入したりしてしまうため、ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルの原因となります。

月に1回くらい、その後のケアをきちんと怠らずにやるのなら良いですが、頻繁にやったり、後のケアができないのなら無理矢理角栓を除去しようとするのはやめましょう。

(関連記事:バリア機能って何?これが低下するとどうして肌トラブルにつながってしまうの?

その他の原因1

そして手にはとても多くの雑菌が存在しています。

鼻を触る癖がある方は雑菌が鼻に移動してしまう可能性がありますし、何度も鼻を触ることで鼻の皮膚が分厚く、硬くなります。そうなると毛穴が圧迫されて汚れが綺麗に取り除けなくなってしまいます。

また、食生活や生活習慣の改善は、肌のターンオーバーを正常化させるのにとても大切なことです。油っこい物ばかり食べたり、毎日夜更かししたりするのは控えましょう。

鼻がテカテカしているのは、それだけ皮脂の分泌が多いということです。だからきちんと洗いましょうと言いたいところですが、ほとんどの方は、洗ってないことが原因なのではなく、洗いすぎなことがテカリの原因となっています。

洗顔料を使用した洗顔は多くても1日1回までにしましょう。

(関連記事:洗顔料で洗いすぎることが良くないのはなぜか?

その他の原因2

いちご鼻になってしまう主な原因として、角栓がありますが、もう一つ重要な原因があります。

それは、メラニン色素の沈着によるものです。いちご鼻のブツブツは、角栓が原因です。そして、いちご鼻による黒ずみの原因はメラニン色素沈着によるものなのです。

メラニンは、きちんと肌のターンオーバーが行われていれば、沈着するものではありません。毎日浴びている紫外線によって作られるメラニンは、通常のお肌であれば、きちんと排出されるものなので、毛穴の黒ずみには何ら関係ありません。

ところが、肌のターンオーバーが食生活や生活習慣などで乱れてしまっていると、いつまでも古い細胞が肌に居座ってしまうため、メラニン色素も排出されず徐々にいちご鼻による毛穴の黒ずみという道筋をたどってしまうのです。

日常のストレスなどによっても、肌のターンオーバーが乱れてしまうので、できるだけストレスを溜めない、そしてきちんとバランスのとれた食事を心掛けて、肌のターンオーバーを正常に戻していきましょう。

どうすればいちご鼻を治せるの?

いちご鼻を解消する方法は、裏技や秘策などと称されて様々な媒体で紹介されています。しかし、考えてみてください。

本当にとっておきの方法なら、そんなにいくつも治す方法が出てくるわけがないですよね。

いちご鼻の改善というとオロナインパックが今は話題となっています。オロナインは確かに肌を柔らかくする作用があるので、鼻に塗って10分放置した後に洗顔すれば、汚れは取れやすくなるかもしれません。

しかし、その後冷水で締めたところで、毛穴が引き締まって黒ずみがとれるのかと言われれば、疑問が残ります。

毛穴が引き締まるのは、冷水をかけてからせいぜい30分くらいの間だけなのです。なので、オロナインパックをして綺麗になったとしても、一度開いてしまった毛穴はすぐ開きますから、一時的な物でしかないのです。

ですから、巷で効くと噂されているものを試しても一時的な効果しかなく「結局効かないじゃん!いちご鼻は一生治らないんだ!」となってしまうのです。

しかし、根気強く正しいケアを続けていけば、いちご鼻は治ります。その正しいケア方法というのが、洗顔と保湿なのです。

(関連記事:いちご鼻改善に効果的な洗顔の具体的な4つの手順とは?

いちご鼻改善に最も重要な「洗顔と保湿」

え、それだけ?思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、いくら毛穴の詰まりを除去するのが難しいと言っても、鼻も他の肌と構造は同じです。

肌のターンオーバーを正常化してバリア機能を高めてあげられれば、ちゃんと治ります。

今まで鼻の黒ずみを気にして過剰にケアしてしまったという方は、鼻を特別にしっかり洗うのをやめ、毛穴パックもやめ、角栓をしぼりだすのもやめ、触るのもやめ、普通の洗顔と保湿を意識するようにしましょう。

洗顔は余分な皮脂を取り除かないためにも、何度も洗顔料で洗うのは控えましょう。朝晩と洗顔料を使用している方が多いと思いますが、朝はお湯だけで洗うのがお勧めです。

夜は一日分の汚れがありますので、泡立てネットなどで濃密なふわふわの泡を作り、鼻と手が触れないようにやさしくくるくると洗ってください。

ここで、汚れが落ちるようにと長時間くるくる洗いすぎると、必要な皮脂まで落ちてしまいますし、いちご鼻改善には逆効果になってしまいます。ですから、洗う時間は30秒くらいで十分です。

以下の記事に、私が試して本当に効果のあった洗顔方法をまとめましたので、良ければ参考にしてください。

→ ニキビ改善のために私が実践して本当に効果のあった洗顔方法はこちら

そして、洗顔をしっかりと行ったら、その後はしっかりと保湿をしましょう。

肌の内側までしっかりと浸透して肌を柔らかくさせ、バリア機能を回復させてくれるようなものが良いです。

乳液で蓋をしてしまうのは肌を甘やかして天然の保湿因子を出すのをサボらせてしまい、乾燥や毛穴の詰まりの原因になったり、いちご鼻だけでなくニキビができる原因になったりもするので、いちご鼻の方には特にお勧めできません。

肌のターンオーバーを正常化する方法とは?

肌のターンオーバーが原因でいちご鼻になってしまう、ということは先ほどお伝えしました。

肌のターンオーバーを正常にすれば、いちご鼻も改善できるのですが、どうやって肌のターンオーバーを正常にしていくことができるのでしょうか?

肌のターンオーバーを正常化する方法として「保湿」と「睡眠」が大きく関わってきます。その他に食生活やストレスなども関係しているのですが、いちご鼻改善のために肌のターンオーバーを正常化するには「保湿」と「睡眠」が重要なのです。

洗顔後の保湿、しっかりしていますか?この保湿を怠ってしまうと、肌の角質が硬いまま、いつまでたってもふっくら肌になることができません。

肌のターンオーバーを正常にするには、肌の角質を柔らかくする必要があります。硬い角質の状態だと、肌が生まれ変われずにいつまでも古い角質が居座ってしまいます。

保湿をしっかりすることで、肌の内側までしっかり潤いを与えることができるので、硬い角質も徐々に柔らかくなって、肌のターンオーバーもスムーズに行えるようになります。

そして、睡眠も肌のターンオーバーに深く関わってきます。良質な睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌がスムーズに行われて、肌のターンオーバーも正常化されるのです。

寝ている間の22時から26時の間に分泌されると言われている成長ホルモン、この時間帯に良質な睡眠をとることで、成長ホルモンがきちんと分泌されて、肌のターンオーバーもスムーズに行えるのです。

いちご鼻に対してやってはいけないこととは?

いちご鼻になってしまった場合、無理矢理角栓を押し出したり、毛穴パックを頻繁にやってしまいがちですが、実はこの行為いちご鼻にとってNG、絶対やってはいけないのです。

無理矢理角栓を押し出すことで、毛穴が広がって、余計いちご鼻のブツブツを目立たせてしまうことにつながります。

また、強引に角栓を押し出すことによって、肌を傷めてしまうので、肌にとっては何一つ良いことはないのです。

広がってしまった毛穴に汚れが付着して、頑固な角栓が出来上がってしまうので、角栓が気になるからといって無理に角栓を押し出すのは止めましょう。

そして、毛穴パックを頻繁にやることも毛穴を広げる原因になってしまいます。毛穴パックをお使いのあなたならお分かりになると思いますが、毛穴パックの粘着力のすごさは半端ありませんよね。

粘着力がすごいので、ごっそり角栓が取り除けるかもしれませんが、その後の毛穴の状態はなんとも悲しいものです。

開いてしまった毛穴には、どんどん汚れが付着して、今まで以上にいちご鼻が目立ってしまう、そんなことにならないためにも、毛穴パックは1ヶ月に一度のペースでやることをおすすめします。

いちご鼻を放置すると・・・

適切なケアをせずにいちご鼻をそのまま放置しておくと、化粧で隠すようになり、その化粧が刺激となってどんどん毛穴が汚れて悪循環を断ち切れません。

近づかないと分からないと思うかもしれませんが、意外と鼻というのは目に付く場所なので、毛穴の黒ずみも見られてしまっていることが多いです。

いちご鼻だからと言って彼氏や旦那様があなたを嫌になることはないと思いますが、顔が近づいた時に「あ、いちご鼻だ」なんて思われてしまったら嫌だし恥ずかしいですよね。

自分に自信をもつためにもなるべく早い段階でいちご鼻の原因である毛穴の黒ずみを除去しましょう。

早ければ早いほど、いちご鼻は改善するのが容易になります。

逆にいちご鼻である年月が長いほど、改善には時間を要しますが、一生治らないなどと悲観せずに、じっくりケアしていけば必ず改善できます。

ニキビマスターつるのまとめ

いちご鼻は一生治らないと言われてきましたが、毛穴の黒ずみや開きをどうこうしてやろう!と特別にケアすることが逆にいちご鼻をつくってしまっていたのですね。

普通のケア、つまり汚れをしっかり落とし、きちんと保湿すること、これを徹底的にやることでいちご鼻は改善できます。

ですから、何度も口を酸っぱくして言っていますが、正しい洗顔と保湿、とにかくこれが本当に本当に重要なのです!

正しい洗顔をするためには、どの洗顔料を使えば良いか、というのも重要になります。

いちご鼻というのは、結局のところは毛穴が開いて汚れが溜まっているということですから、まずはその汚れを取り除く必要がありますし、その後で、長年汚れが溜まり過ぎて硬くなった皮膚を、柔らかくしてやる必要があるのです。

つまり、しっかりと毛穴に効果のある洗顔をすることと、皮膚を柔らかくするためにしっかりと肌の内部に浸透して、水分を内側においてきてくれる保湿が大切なのです。

そのためには、高い洗顔料を使えば良いというものでもないですし、ただ外側から乳液で蓋をするような保湿をしていてもいちご鼻の改善には意味がありません。

そこで、私がいちご鼻のケアに良いと感じたもはこちらになります。

→気になるいちご鼻へのトラブル対策にはこちらの商品

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-いちご鼻ケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.