ニキビケア

ビタミンの取りすぎはNG!過剰摂取でニキビが出来る?

更新日:

Healthy-diet-plan

ビタミン過剰摂取NGニキビ増える原因改善策

ニキビができてしまったときはビタミンを摂ると良い、なんて良く言われますよね。肌荒れの改善には、チョコラBBやハイチオールCなどの、ビタミンが配合されている商品が多く存在することからも、確かにビタミンは体に良さそうというイメージがあります。

しかし、やはり効果が出るための最適な量というものがありまして、いくら体に良いものだとしても、過剰摂取によりニキビが増えてしまうということもあるのです。

では、ニキビに効くビタミンと、どれくらい摂れば最も効果的なのかについて一緒に見ていきましょう。

ビタミンにはどんな種類があるの?

ビタミンには、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・パントテン酸(ビタミンB7)・葉酸・ビオチン(ビタミンB5)などたくさんの種類があります。

この中でニキビに関わりがあるされているのは、主にビタミンB2ビタミンCビタミンEです。簡単に効果を説明すると、以下のようになります。

  • ビタミンB2・・・ニキビの原因となる脂質や糖質の代謝を促す。皮膚や粘膜の再生を促進する。過酸化脂質を分解する。
  • ビタミンC・・・コラーゲンの合成に必要。シミ・そばかすを防ぐ。炎症後の色素沈着を改善する。
  • ビタミンE・・・活性酸素から身体を守る。血行促進効果あり。男性ホルモンの分泌を促す。

 

これらは美肌をつくるのに重要なビタミンですから、不足するとニキビができやすくなったり悪化したりしてしまいます。しかし、逆に過剰摂取すると悪影響のあるビタミンもあるのです。

過剰摂取すると悪影響のあるビタミンは?

24956540

上に挙げたビタミンは、どれも適正量であれば美肌に効果があります。しかし、サプリメントなどで過剰に摂取してしまうと、逆にニキビの原因となってしまうものがあるのです。

それはビタミンEです。ビタミンEは、先述したように男性ホルモンの分泌を促す効果があります。男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が増えるため、毛穴が詰まりやすくなってしまい、ニキビなどの肌トラブルの発生や悪化につながってしまうのです。

またビタミンEには、男性ホルモンだけでなく、黄体ホルモンの分泌を促す作用もあります。黄体ホルモンとは、生理前に分泌され、男性ホルモンと似たような働きを示すホルモンのことです。

生理前にニキビが増えるなぁと感じたことはありませんか?それはこの黄体ホルモンのせいなのです。

(関連記事:生理前に口周りのニキビができるのはどうして?

 

ビタミンBやビタミンCは過剰摂取してもニキビに悪影響が出るということはありませんが、ビタミンBの場合は、かゆみがでたりなどの副作用が見られる場合があります。

ビタミンCは、適正量を超えると尿として排出されてしまうので、たくさん摂っても意味がありません。ビタミン剤を飲むと、尿が黄色くなることがありますよね。あれは吸収されずに排出されてしまったビタミンなのです。

どれくらいビタミンEを摂れば良いの?

過剰摂取するとニキビに良くないと言いましたが、だからといってビタミンEを避けてしまうと、これもニキビの原因となってしまいます。

ビタミンEには、ビタミンCやビタミンAと併用することで抗酸化作用を示すので、これが不足すると体内にできた活性酸素を退治することができなくなってしまいます。

 

活性酸素は周りの組織を酸化させてしまう作用があります。よって皮脂も酸化してしまい、毛穴につまりやすくなったりしますし、酸化するということはサビになることと同じなので、炎症が起こりやすくなります。

だから新たにニキビができたり、ニキビが悪化したりしてしまうのです。

ビタミンEの適量と上限量は以下の数値を参考にしてください。

  • 成人男性で1日・・・10mg 、上限値700mg
  • 成人女性で1日・・・8mg 、上限値600mg

 

ただ、これは日々の食事によって十分に摂取できる量であり、ビタミンEは脂溶性ビタミンで血中や体内に蓄積されるため、不足する心配はまずありません

また、ビタミンEを多く含む食べ物である、玄米やアボカド、うなぎ、たらこなどを普通の量の何倍も食べたりしないと過剰摂取にはならないので、普通の食事をしていれば大丈夫なのです。

過剰摂取になるのは、サプリメントなどに頼っている場合です。

何種類かサプリを飲まれている方は、いつの間にか過剰にビタミンを体に入れてしまっていることになり、せっかくサプリを飲んでいるのに効果が全くあらわれないどころかむしろ逆効果になっている!ということになりかねないので注意してくださいね。

Fotolia_55908988_XS-300x200

ニキビマスターつるのまとめ

ビタミンBやビタミンC、ビタミンEは特にニキビに効果的なビタミンなんですね。

これらは美肌に役立つビタミンとして知られているため、不足すると肌トラブルが起きやすくなるのはよく知られていることですが、だからといってたくさん摂れば摂るほど良いというわけでもないのでした。

とりわけビタミンEの過剰摂取は、男性ホルモンや黄体ホルモンの分泌を増やしてしまうため、皮脂が過剰になってニキビができやすくなってしまうんでしたね。

しかし、普通の食事をしていれば不足することも過剰になることもないわけですから、サプリなどに頼りすぎることなく食生活を改善することが大切なのです。

 

どの栄養素も体に必要なもので、普段の食事から摂取できるものが多いです。仕事が忙しく、ファーストフードやコンビニ弁当などが続く日に、サプリメントで不足分を補うというようなものなら良いですが、最初からサプリメントだけに頼ろうというのは考え物です。

もし不足しそうなのであれば、サプリではなく直接肌に塗るのがおすすめです。直に患部に届きますし、小腸で吸収され血液を巡るわけでもないため、過剰摂取したときのような副作用のようなものもありません

よって、不足しそうではなくても、肌に直接塗るタイプであれば、経口で摂摂取するよりも効率的にニキビに作用させられるのです。

 

そのような塗布するタイプの商品では、ニキビマスターつるは、美肌に効果的なビタミンEを含み、さらに上質な保湿成分も配合されたこちらの商品をお勧めします。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.