ニキビケア

炎症ニキビがいつの間にかしこりに?原因と改善方法

更新日:

c5f5e86577040382b972b87eedd31143-304x188

炎症ニキビがいつの間にかしこりに?原因改善方法

ニキビが盛り上がって、しこりみたいに硬くなっていることってないですか?

それは、しこりニキビと呼ばれるもので、「炎症性のニキビができた後」に、跡となって残ってしまった状態のことをそう呼びます。

中には、炎症した赤ニキビのことをしこりニキビと呼ぶ場合もあり、膿が見えているか見えていないかという2つのタイプに分けているサイトもありますが、それはどちらも結局、ニキビが悪化して炎症状態にあるもので、膿が見えているものは黄ニキビ、見えていない赤く腫れあがったニキビは赤ニキビとしてこちらでは解説しています。

それぞれの治し方は以下の記事を参考ししてください。

赤ニキビ:触ると痛い!炎症ニキビを早く治したい方へ・3つのポイント

黄ニキビ:化膿した黄ニキビを綺麗に治すための正しい潰し方

 

ここでは、炎症ニキビにまで発展してしまった後に、皮膚が盛り上がってしこりのようになってしまったという場合の「しこりニキビ」、つまり、ニキビ跡のことですね、こちらについて、詳しくご説明させていただきます。

どうしてニキビ跡がしこりになるの?

skin_care_strategy

ニキビは、過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴に詰まり、毛穴の奥に潜んでいたアクネ菌がこれらをエサとして異常繁殖することによってできます。

するとからだの免疫機能が働き、異常繁殖したアクネ菌をやっつけようと白血球が菌と戦うようになります。

このように、白血球が異常繁殖した菌を鎮めようと戦ってくれている状態が、炎症が起こっている状態です。これを炎症ニキビだとか、赤ニキビだとかと呼びますね。

 

この状態になると、ニキビを触ったりせずになるべく刺激を与えないようにする必要があるのですが、もし潰してしまったり、触ってしまったりなど刺激を与えると、炎症が広がって毛穴を破壊して、毛穴の周りにまで炎症が広がってしまうことがあるのです。

そうなると、その傷を修復しようと過剰に細胞が生成され、しこりのような盛り上がりのあるニキビ跡として残ってしまうことになるのです。

どうすればしこりニキビを治せるの?

94FC82B582A294A7

しこりは、炎症が進んで毛穴が破壊され、傷が皮膚の奥の方まで進んでしまった状態なので、自力で完璧に治すことは難しいです。

自然治癒で治る方もいますが、それが何年後なのかは分かりませんし、肌質によっては一生治らないということもありえます。

もし気になるようでしたら、エステなどではなく、きちんとした医療機関にかかることをお勧めします。

しこりになったニキビ跡の治療としては、以下のようなものが挙げられます。

  • フラクセルレーザー
  • 切開手術
  • ケミカルピーリング
  • ステロイド注入

 

しこりになってしまう前にニキビを治すのが一番!

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

ニキビ跡がしこりのようになってしまうと、治すのが難しくなります。医療機関での治療になるので、万単位のお金が必要になりますし、長期間クリニックなどに通うことにもなりかねません。

ですから、しこりになる前に、きちんとニキビを治してしまうことが大切です。つまり、炎症ニキビに悪化する前に、ニキビを鎮静化させることが大切なのです。

 

炎症した赤ニキビの状態で、潰したり触ったりなど刺激を与えると、傷が皮膚の奥深くまで進んでしまう危険性が高くなるため、絶対に触ったりせず、なるべく刺激を与えなうようにするのが最善です。

ですが、中には刺激を与えていないのに、肌質などの関係で炎症が広がり過ぎて、ひどいニキビ跡やしこりとして残ってしまう方もいらっしゃいますので、一番良いのはやはり、炎症したニキビにまで悪化を進めさせないことです。

さらに言うならば、ニキビを作らせないことです。

 

毎日のケアをしっかりと行い、肌質を改善していくことで、ニキビなどの肌トラブルが起こりにくくなり、もしニキビができてしまったとしてもすぐに治るようになりますから、コツコツ自分にできることをしっかりとやっていきましょう。

ニキビマスターつるのまとめ

14fdac137d2df1cafbf140359fd28d27_s

今回の話をまとめますと、次のようになります。

  • ニキビの炎症がひどくなると、傷が肌の奥の方まで進んでしまう
  • そうすると、その傷を修復しようと細胞が過剰に生成され、皮膚が盛り上がって硬くなったしこりのようなものができることがある
  • ニキビ跡がしこりになると、なかなか治すのが難しい
  • 自然治癒する場合もあるが、完全に治そうとしたら医療機関にかからないと治らない
  • だから、ニキビが悪化する前に治すことが大切
  • そのために肌質を変えることが大切

 

ニキビ跡がしこりになってしまうと、治すのが難しく、肌質によっては一生治らないなんてこともあり得ます。

ですから、しこりの元となるニキビの炎症を抑える、つまり、炎症ニキビまで進行させないことが重要になるのですね。

さらに言えば、ニキビ自体を作らせなければしこりにもなり得ないので、一番良いのはニキビ自体を作らないようにすることです。

 

とは言っても、仕事が忙しかったりして睡眠不足になったり、ストレスが大きかったり、生理前でホルモンバランスが乱れてしまっていたりなど、ニキビができてしまうこともありますよね。

ですから、ニキビができないのが一番良いのは言うまでもないのですが、ニキビができてもすぐに治るような肌質に改善していくことが大切なのです。

そのために私がお勧めしたいのは、肌質から根本的に改善してくれるこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.