ニキビケア

綺麗な人は使ってる!「馬油」のニキビへの効果は?

更新日:

64-1

綺麗な人は使ってる!馬油ニキビへの効果は?

馬油(バーユ)、商品名としてはソンバーユという名前で販売されていることが多いです。

漢字の通り、馬油とは馬の皮下脂肪や尻尾から抽出した油のことで、医薬品ではありませんが、火傷をしたときなどに塗られていました。

今では、その効果が注目され、美白、シミ消しなどに対する化粧品やスキンケア商品として販売されています。最近美容家の方々の中で話題にも上がっているようですね。

さらに、馬油は実はニキビにも効果があるのです。

それでは詳しくご説明させて頂きますね。

馬油がどうしてニキビに効果的なの?

0c3cb8c50b77c077395bd70b2b4487d9_s

 

馬油は馬の油なのですが、実は馬油の脂肪酸の組成と人間の脂肪酸の組成はかなり似通っているのです。

水分、油分のバランスも良く似ているため、肌の内部によく浸透します。

私はこちらの記事でも言っているように、乳液などの保湿クリーム系を使用するのは反対なのですが、それは乳液などの保湿クリームが肌に浸透せず、化粧水を閉じ込める蓋の働きを目的として使われているからです。

肌に必要なのは水分なのであって、油分ではありません。乳液で蓋をしても、化粧水の肌への浸透はさほど変わらないのが事実です。肌へ浸透するかどうかは、肌のやわらかさにかかっているからです。

 

ですので、水分を肌に浸透させて保持するためには、肌のバリア機能を高めて、自分の肌で蓋をすることができるようにならないと意味がないのです。

そのために馬油を使用するのはニキビを治すのに効果的です。

肌と同じような成分と組成でできているため、良く伸びますし、肌にしっかりと浸透して、水分を保持するための基盤を作ってくれます。また、肌の表面でバリア機能をつくる役割も果たします。

さらに、抗炎症作用や新陳代謝促進作用などもあるため、ニキビの炎症や、ニキビ跡などにも効果がある優れものなのですね。

どうやって馬油を使えば良いの?

e2ba497a6adfe799d6817b02254285f9_s

馬油は、保湿クリームと同様に、化粧水の後に使用する・・・というのは間違いです。

正しくは、洗顔後、化粧水をつける前に塗ることです。

先ほども言いましたが、馬油は良く伸び、肌に浸透します。そのようにして、肌が水分を保持する基盤を作ってから化粧水を塗る方が、保湿効果は高まります。

洗顔後にほんの少しだけ指先にとり、顔全体になじませた後、化粧水をつけて手で顔を包むようにして浸透させてください。

 

また、他にもクレンジングとして使用することも可能です。

他のオイル系のクレンジングだと、肌に必要な皮脂まで落ちてしまって、逆に乾燥してしまうことがあります。

さらに、オイルクレンジングはメイクを落とすことを第一の目的として作られているため、肌への刺激が強く、皮膚のバリア機能が壊れてしまうこともあるのです。

 

しかし、馬油でクレンジングを行えば、肌と似たような組成の油分でメイクを落とすことができるため、肌にとって刺激が少ないのですね。

指先に少量馬油をとり、くるくるとマッサージをするようにメイクを浮かせ、ぬるま湯で洗い流せばメイクも落ちますし、肌もしっとりとして一石二鳥です。

ですが、馬油で本当にメイクがしっかりと落ちるのか心配な方もいらっしゃると思います。そんな方は、完全に落としきれなかった目元のメイクなどだけ、オイルクレンジングで落とすというやり方にすれば、洗い残しのメイクによる肌荒れの心配もありませんのでお勧めですよ。

馬油を使わない方が良い場合

7dfa7d38c5e10bbeb8d9946432b5f075_s

馬油は肌にとって、とても良い効果をもたらしてくれることには違いないのですが、脂性肌の方には合わないかもしれません。

脂性肌の方は乾燥が原因でニキビができているのではなく、皮脂が多いせいでニキビができているからです。

アクネ菌などの細菌は、皮膚の常在菌なので、本来は肌を綺麗にするはたらきをしてくれているのですが、皮脂や油が多量にあると、それをエサとして異常繁殖してしまいます。

このように異常繁殖してしまうと、炎症ニキビに発展してしまうことが多いのです。

 

ですから、もうすでに皮脂が多い方が使用すると、逆に馬油がアクネ菌などのエサとなって細菌が異常繁殖し、ニキビが悪化する原因になりかねないのです。

ですから、脂性肌の方は、使用してもニキビが増えてしまう危険性があるため、異常があらわれたらすぐに使用をやめることをお勧めします。

 

また、上と同じような理由で、塗り過ぎてしまうのもよくありません。馬油はいくら良いと言っても結局は油ですから、塗り過ぎると細菌の恰好の餌場になってしまうのですね。

そうして顔中ニキビだらけになってしまった・・・ということにもなりかねないので、塗るときは本当に少しだけにしてください。

 

馬油は不飽和脂肪酸が多く含まれるため、浸透力も高いのですが、その分酸化しやすいという性質ももちます。

肌表面で酸化してしまうと、毛穴に詰まってそれこそニキビを自ら作っていることと同じになってしまうので、注意してくださいね。

ニキビマスターつるのまとめ

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

今回の話をまとめますと、次のようになります。

  • 馬油は人間の脂肪酸の組成と似ているため、肌によく浸透する
  • 乳液のように化粧水を蓋する目的で使用するのではなく、バリア機能を高めて、肌の内部の水分をしっかりと保持する基盤をつくることを目的として使用する
  • よって、洗顔後に馬油を塗った後に化粧水をつける
  • クレンジングとしても使用可能で、オイルクレンジングよりも肌への刺激が弱いため、お勧め
  • 脂性肌の方はアクネ菌の異常繁殖の原因となってニキビを誘発しかねないので注意が必要
  • 同じ理由で塗り過ぎるのもダメ

 

肌力を高めるのに必要なのは、油分ではなく水分です。ニキビを治し、予防するには、水分をどれだけ肌の内部に保持できるかが重要になってきます。

ですが、水分を保持する基盤ができていなければ、いくら肌に水分が浸透したところですぐに外へ出て行ってしまいますよね。

そもそも肌の力が弱ければ、水分は浸透さえしないかもしれません。

ですから、肌のバリア機能を高めて、しっかりと肌の力を上げていくことが大切なのです。

 

馬油はドラッグストアで安いものなら200円程で売っていたりしますので、探してみてくださいね。

しかし、馬油はどうしても脂っぽいにおいがしたりしますので、そのようなにおいが苦手な方や、脂性肌で馬油を使うのが不安という方には、こちらをお勧めします。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.