ニキビケア

妊娠したらニキビが増えた!跡は残したくない・・・綺麗に治す方法とは

更新日:

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

妊娠したらニキビが増えた!跡は残したくない・・・綺麗に治す方法とは

今までニキビなんてできたことないのに、妊娠したらニキビがぽつっとできてしまって恥ずかしい・・・。そんな方もいますよね。

女性は毎月生理がきますが、生理前はホルモンバランスの乱れでニキビができやすくなります。それと同じで、妊娠するとホルモンバランスが目まぐるしく変わりますから、そのせいでニキビができてしまうのです。

つわりによる偏食や睡眠不足なども影響してきますが、一番大きな原因はホルモンバランスの乱れです。

ですから、妊娠初期にニキビができてしまうのは実は仕方がないことなのです。しかし、だからといって何もケアしないというのも、ニキビが目立って恥ずかしいですし、跡が残ってしまったら嫌ですよね。

では、どうして妊娠初期にニキビができるのか、どうすればニキビを治すことができるのかについて、ご説明させて頂きますね。

妊娠初期にニキビができるのはなぜ?

7dfa7d38c5e10bbeb8d9946432b5f075_s

妊娠に関係してくるホルモンと言えば、女性ホルモンが思い浮かびますよね。女性ホルモンと言えば、女性を綺麗にしてくれるというイメージがあるのですが、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。

実は、女性に多いホルモンは2種類あり、1つ目が一般的に女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン、2つ目がプロゲステロンです。

このうち、名前の通りエストロゲンは美肌に関係するホルモンなのですが、プロゲステロンは皮脂分泌を促す働きを持っており、これが増えることでニキビなどの肌荒れが起こるようになってしまうのです。

ニキビは、毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まることでアクネ菌が異常繁殖してできますから、皮脂分泌が増えるとニキビができる確率が高くなってしまうのですね。

では、どうして妊娠初期にニキビが増えてしまうのかについてですが、実は妊娠初期には、プロゲステロンが大幅に増加するのです。つまり、皮脂分泌が妊娠初期には過剰になっているということですね。

ですから、今までニキビができたことがないという方でも、このホルモンのせいでニキビができるようになってしまうのです。

どうすれば妊娠初期のニキビを治せるの?

50cff70d8c2d2729afbafaf7fa7f948f_s

しかし、妊娠している間はずっとこんな状態なのかというとそうではなく、約15週目あたりからエストロゲンが急激に増加し、20週目までにはプロゲステロンの分泌量を越えます。

なので、妊娠初期はニキビなどの肌荒れが起こりやすくなってしまうのですが、15〜20週あたりを境目に、今度はエストロゲンの影響でニキビが落ち着いていき、美肌になるという逆転が起こるのです。

従って、妊娠初期のニキビに関しては、正直なところ、一生懸命治そうとしなくても良いというのが本音です。

ホルモンバランスの崩れには抗うことはできませんし、治せてもどうせまた同じようにニキビができるのですから、躍起になって治してもあまり意味がありません。

大切なのは、以下の三つです。

  • 無理に治そうとしてニキビを悪化させて跡を残さないようにすること
  • 15〜20週を越えた美肌期間のために、肌のベース作りをしておくこと
  • ニキビを治そうとして薬やサプリメントを勝手に飲まないこと

 

今までニキビができたことがないという方からしたら、ニキビがあるという状態はとても苦痛だと思います。それ故に、今までやったことのないケアを過剰にやり過ぎてしまうと、ニキビにとっては良くない刺激になってしまう可能性が高いです。

無理矢理治そうとするのは不可能ですから、せめて跡が残らないようにあまり触らないでおきましょう。

妊娠中期に入れば、エストロゲンの影響でニキビが落ち着いてくるというのは確実なのですから、それまでに過剰なケアによって肌質をボロボロにしてしまっていてはエストロゲンの作用が充分に発揮されません。

ですから、無添加の低刺激の石鹸で優しく洗顔をして、しっかりと肌の内部に水分を留めること、この基本さえできていれば問題ないのです。

最後に、そんなこと言われなくても分かってるよと怒られてしまいそうですが、あなたのお腹の中の赤ちゃんは、あなたの血管から栄養分を吸収しています。ということは、あなたが食べたものが直接赤ちゃんに影響するわけです。

ですから、ニキビを治したいからといって抗生物質やサプリメントなどを勝手に飲むのは絶対にやめてくださいね。

ニキビマスターつるのまとめ

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

妊娠初期は、つわりによる偏食や睡眠不足などもニキビの発生に関係してきますが、一番大きな原因はホルモンバランスの乱れです。

妊娠すると、皮脂分泌を促す作用のあるプロゲステロンというホルモンが大幅に増えるため、ニキビができやすくなってしまうのですね。

ですから、ニキビを治そうとここで躍起になって過剰にケアをしても、ホルモンバランスの乱れには逆らえませんから、あまり意味はないのです。それどころか、間違ったケアをすることでニキビが悪化し、跡になってしまう可能性もあります。

15〜20週を過ぎたころから、今度は美肌ホルモンであるエストロゲンの分泌が急上昇しますから、この頃になればニキビも落ち着いてくるはずなので、この時期に備えて余計なことはせずに、無添加のせっけんで優しく洗顔をするようにしてください。

ニキビは、赤く炎症したり、化膿したりしなければ跡には残りません。妊娠初期にニキビができてしまうのは仕方がないことなので、正しい洗顔で悪化させないようにすることを重視するようにしてくださいね。

そのために私が一番良いと思うのは、今まであなたがやってきた過剰なケアによってボロボロになった肌質を自然な状態に戻してくれる、こちらの商品です。

→ ボロボロになった肌質を自然な状態に戻してくれる商品はこちら

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.