ニキビケア

ニキビを治すために保湿クリームは必要なのか?

更新日:

1c26e1530c5e6cc0d22e2899df5ef5e3_s

ニキビを治すために保湿クリーム必要なのか

ニキビと保湿クリームの関係はよく議論されていることですよね。

「化粧水で水分補給をし、保湿クリームでその水分が蒸発しないように蓋をする」

または、

「保湿クリームなどに含まれている油分はニキビを悪化させる原因となるため、なるべく肌に塗らないようにする」

 

この二つの意見で分かれていることと思います。

確かにどちらも正解なのだと思いますが、私は後者の意見を支持しています。

というのも、私のニキビが治ったのは、保湿クリームをやめたからと言っても過言ではないからです。

 

化粧水が蒸発しないように乳液で蓋をするという考え方も、ある意味では正解だと思います。

しかし、ニキビができるのは毛穴に余分な皮脂などが詰まるからであり、詰まる原因というのは肌のターンオーバーが乱れているからということが多いのです。

そのターンオーバーが乱れる原因となっているのが、肌の内部の水分量の低下です。

 

「それなら前者の意見の方が正しいんじゃないの?」

と言われてしまいそうですが、保湿クリームにはそもそも水分を保持する力がないのです。

つまり、化粧水が蒸発しないように蓋をするということ自体、不可能なのです。

 

9a6077eb10c5cca00181a529a30908a7_s

化粧水が肌表面で蒸発することなくしっかりと肌の内部に浸透するまで、肌に悪い影響を与えずに蓋の役割をするクリームが存在すれば良いですが、

保湿クリームはそもそも油分より水分の方が含有量が多く、化粧水を浸透させるまで水分を包み込む力がないのです。

 

また、肌にとって本当に良い油分というのは、汗や皮脂などが混ざり合った天然の保湿因子と呼ばれるオイルです。

これは肌表面を覆っており、水分が蒸発したり雑菌やアレルゲンが侵入したりするのを防いでくれます。

この天然の保湿因子は、自分の体内で自分の肌のために作られたものですから、どんな高級なスキンケア商品にも劣ることがありません。

 

これを作ることでバリア機能が正常に働き、その結果ターンオーバーも正常になり、肌の内部に水分を保持できるようになり、日々のダメージでボロボロになっていた肌が健康に生まれ変わるのです。

ですから、ニキビのないきれいな肌になるためには、この天然の保湿因子を正常に作るようにすることが大切なのです。

保湿クリームは、この天然の保湿因子の邪魔をしてしまうため、どんなに無添加の健康的な高級クリームをたっぷり塗ったとしても、意味がないのです。

意味がないどころか、本当の保湿をするための邪魔をしてしまっているのです。

 

私も、ニキビを治すためには肌に潤いが必要だ、と、乳液など保湿クリームをたっぷりと塗っていた時期がありましたが、ニキビは治るどころか悪化してしまいました。

私がニキビに悩まされなくなったのは、正しい洗顔を意識するようになってからと、保湿クリームを使わなくなってからです。

肌本来の力で治してしまうのが一番で、余計な手を加えることはぐっと我慢して避けることが大切です。

 

073d7e9e6cd875dc710b835c838a8e15_s

とは言っても、保湿をするなということではありません。

正しい保湿、つまり、天然の保湿因子の邪魔をしないような保湿については、絶対に必要だと思っています。

保湿というより、保水ですね。

 

ですから、このように保水に優れていて、肌の内部にしっかりと水分を届けて肌のサイクルを正常に戻してくれるものを選ぶことが大切なのです。

私が保湿・保水に関して優れていると感じた商品は、こちらです。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.