ニキビケア

知っておくとニキビ改善に役に立つ!ニキビの膿と芯の違いって?

更新日:

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

知っておくとニキビ改善役に立つニキビ違いって

 

ニキビには色々な種類があります。大体のニキビは、以下のような順序に従って悪化していきます。

 

面皰
(毛穴に皮脂が溜まり始めて皮膚が少し盛り上がっている)

白ニキビ
(毛穴に皮脂がつまっている)
または
黒ニキビ
(詰まった皮脂が酸化して黒くなっている)

赤ニキビ
(炎症を起こして腫れている、触ると痛い)

黄ニキビ
(膿が溜まり、表面から白いものが見えている)

ニキビ跡
(色素沈着したりクレーターのように凸凹している)

 

ここで気になるのが、ニキビの膿と芯の違いって何?ということです。

私も昔は、膿と芯という響きから、膿は柔らかいぐじゅぐじゅしたもの、芯はポロっととれる硬いもの

などとイメージしていたのですが、これらは根本的に違うものでした。

 

皮脂であるか皮脂でないかという大きな違いがあったのです。

まず、膿は黄ニキビでできるのですが、これは毛穴で異常繁殖したアクネ菌と戦った白血球の死骸や細菌の集まりです。

ですから皮脂ではありません。

芯は、硬さに関係なく、毛穴に詰まった皮脂のことを指します。

 

従って、膿は一刻も早く外へ出してしまった方が良いのです。

白血球の死骸や、細菌は異物ですから、いつまでもそこにあると炎症が長引きますし、跡になりやすいのです。

 

一方芯は、ニキビの段階によってとっても良かったり良くなかったりします。

面皰や白ニキビの段階でポロっと取れそうなものであれば、とってもかまいませんが、赤ニキビなどの炎症している段階の芯をとろうとするのは危険です。

赤ニキビは今まさにアクネ菌と白血球が戦っている最中であり、この状態で無理矢理芯を絞り出そうとすれば、

できかけの膿も毛穴周辺にまき散らしてしまうことになりますし、炎症がおさまることなく周りの細胞を傷つけ、高い確率でニキビ跡が残ることになってしまいます。

 

ですから、膿と芯の違いをしっかり理解した上で、これは潰しても良いニキビなのか、潰した方が良いニキビなのかということを判断するようにしましょう。

以下の記事に化膿ニキビの潰し方についてまとめてありますので、良ければ参考にしてくださいね。

関連記事:化膿したニキビは潰した方が良い!綺麗に治る正しい膿の出し方

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.