ニキビケア

ニキビの種類別に解説・薬以外でニキビを鎮める5つの方法

投稿日:

492ca666fa08b0ea1a308370b8b1f980_s

ニキビ種類別解説以外ニキビ鎮める5つ方法

ニキビ治療薬といえば、ディフィリンゲルビブラマイシンダラシンなどが有名です。これらはニキビを治すのに効果的ですが、強い薬のために副作用も存在します。

ビブラマイシンやダラシンは抗生物質なので、ニキビの原因となるアクネ菌を殺してくれますが、元々アクネ菌はバリア機能を保持してくれたりと美肌のために必要な菌なので、それまで殺してしまうと肌環境に良くないのですね。

それに薬をもらうには皮膚科に行かなければいけませんし、お金もかかります。ニキビを治したいのなら、なるべく自力で治したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

では、薬以外でニキビを治す方法について、ニキビの種類別にご説明させて頂きますので、良ければお付き合いくださいね。

薬以外でニキビを治す方法とは?

ニキビには段階ごとに名前が存在します。

  • 白ニキビ・・・膿や痛みはなく、角栓によって塞がった毛穴の中に皮脂が詰まりかけている状態。
  • 黒ニキビ・・・毛穴内部に詰まった皮脂が少し顔をだし、黒く酸化してしまっている状態。
  • 赤ニキビ・・・一般的なニキビ。皮膚が盛り上がり、赤く炎症している状態。
  • 黄ニキビ・・・炎症が悪化して膿ができている状態。
  • 紫ニキビ・・・炎症が悪化してニキビの中に膿と血が混ざっている状態。

 

では、ニキビの種類別にどのようなケアをしていくと良いのか、ご説明させて頂きます。

 

白ニキビ

白ニキビはまだニキビの初期段階なので、改善しやすいです。ここで大切なことは、正しい洗顔をおこなってバリア機能やターンオーバーを正常な状態に戻してあげることです。

固まった角栓がニキビの表面にでていて、ポロっととれそうであれば、爪で少しひっかいて取ってしまっても問題ありません。

正しい洗顔方法など詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:肌のぶつぶつを改善するための守るべきこと

 

黒ニキビ

黒ニキビは皮脂が酸化してしまっている状態ですが、皮膚の表面に見えている角栓の先だけが空気に触れて黒ずんでしまっているだけです。

ですから炎症はまだ起こる手前ということになるため、この段階でニキビを鎮めることができればニキビ跡になったりする確率は大分低くなります。

黒ニキビも白ニキビと同じように初期の段階のニキビと言えますから、同じケアでニキビを改善させることができます。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症をおこしてしまっている状態で膿もまだ出ていないため、無理に爪でひっかいたり、毛穴の中の膿を絞り出そうとして潰すのは絶対にだめです。

この段階になるとニキビ跡として残ってしまうこともあるため、なるべくニキビを触らないようにして、上からリキッドファンデーションなど油分の多い化粧品を塗るのもやめましょう。

赤ニキビを薬を使わずに治そうを思ったら、ニキビ菌をやっつけないと!と洗顔をたくさんするのではなく、朝はぬるま湯、夜は洗顔料で洗うようにしましょう。

必要な皮脂まで落としてしまうのはニキビにとっては悪いことです。

黄ニキビ

黄ニキビという名前ですが、膿が表面にでてきているため見た目は白いです。

炎症を起こしたニキビを鎮めようと白血球が菌と戦ってくれるのですが、この白血球の死骸が膿です。なのでニキビは治りかけということですね。

しかし本当ならここまで進行させる前に治す必要があります。この段階まで進んでしまったニキビは炎症も進んでしまっているため、ニキビ跡として残りやすいからです。

膿のあるニキビは潰してはいけないとよく言われますが、黄ニキビに関しては、正しい潰し方なら潰してしまっても大丈夫です。以下の記事を参考にしてください。

関連記事:化膿したニキビを綺麗に治すための正しい膿の出し方とは

 

紫ニキビ

紫ニキビまで進行してしまうのはなかなか珍しいです。本来ならばこんなに進行してしまう前にニキビを改善させていなければいけません。

これは炎症がかなり進行してしまっているため、高確率でニキビ跡が残りますし、クレーターにもなり得ます。いくつかの毛穴の皮脂が合体して大きなニキビとなってしまっているため、治療には薬や手術が必要になる場合もあります。

ここまで進行してしまうと自力で治すのは難しいのですが、この紫ニキビが他の毛穴にダメージを与えるのを防ぐために、潰したり手で触ったりするのはやめましょう。メイクや髪で隠すのもなしです。

肌は内臓環境が表れると良く言われますから、食生活や生活習慣にさらに気を配るようにするとともに、正しい洗顔をきちんと実践してくださいね。

 

1d5m-187

ニキビマスターつるのまとめ

ニキビは、白、黒、赤、黄、紫の五つに分かれるのでした。そしてそれぞれに治し方というものも存在するのですが、薬を使わずニキビを治すのにどれもに共通しているのは、正しい洗顔と保湿です。

結局は肌のバリア機能を正常にできればニキビができることはないため、もうできてしまったニキビは仕方ないとしても、これからニキビをつくらないようにするため、また、できてしまったニキビを進行させないようにするために、正しいケアをしていくことは大切です。

 

保湿といっても、乳液をベタベタ塗るような保湿をしていてはいけません。乳液は油分が多すぎるため、逆に毛穴がつまる原因となったり、本来肌が作り出す保湿因子の邪魔をしてしまうからです。

そうではなく、肌の力を上げてくれるような保湿をすることが大切です。

 

そのためにニキビマスターつるがお勧めするのは、天然の保湿因子の邪魔をすることなく浸透力と保湿力に優れ、バリア機能の回復に役立つこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.