ニキビケア

女性のデリケートゾーンにできるニキビの原因と改善策はこれ!

投稿日:

女性デリケートゾーンにできるニキビ原因と改善策とは?

女性の方、恥ずかしくて人には言えないけど、デリケートゾーンにニキビのようなものができてしまったり、かゆみが起こったりすることってありませんか?

そんな時、皮膚科に行けば良いのか産婦人科に行けば良いのか分からなかったり、恥ずかしいからどこにも行かずに、誰にも言わずに、一人でこれは何なんだろう?と不安に思ったりしますよね。

でもこれは多くの人が経験していることなので、恥ずかしがることはありませんし、ちゃんと治るので心配しなくても大丈夫です。

では、どうしてニキビのようなものができてしまうのか、また、その改善策について詳しく見ていきましょう。

デリケートゾーンのニキビの原因って何?

デリケートゾーンにポコっとニキビのようなものができてしまうのは、次のようなものが原因として挙げられます。

  • 垢や尿などの汚れが残りやすい
  • 生理などのときのナプキンの刺激
  • 下着の締め付けによる蒸れ
  • ストレスなど生活習慣の乱れ
  • カミソリなどの刺激

つまり、清潔にしていないことや蒸れ、刺激などが原因でニキビができてしまうのですね。

陰部は皮膚が薄く、少しの刺激でも肌にとっては大きなストレスになってしまいます。

それにも関わらず垢や尿などの汚れが残りやすく、また女性は月に1回生理がきますから、蒸れたり汚れが付着しやすかったりして余計かゆみや肌荒れがおこりやすくなってしまうのです。

ストレスも馬鹿にはできません。女性の体はとても繊細にできているため、ホルモンバランスが崩れやすいです。生理があるだけでも崩れやすいのに、そこにストレスが加わったら正常なバランスを保つことがより難しくなります。

また、陰部にできるのはニキビだけではなく、毛嚢炎(もうのうえん)である可能性もあります。これはニキビとよく似ていますが、黄色ブドウ球菌などが原因で炎症が起きたり膿が溜まったりします。

このように女性のデリケートゾーンは肌トラブルが起こりやすい場所です。これらニキビや毛嚢炎(もうのうえん)、かゆみなどを放っておくと、アトピーに発展したり、膿が溜まってひどくなり、最悪手術をしなければならないこともあります。

さらに、ニキビなどのできものが潰れて、ニキビ跡のように色素沈着してしまうこともあり得ます。

ですから間違った自己流のケアではなく、正しいケアを行って改善していくことが大切なのです。その改善方法を次でご説明させていただきますね。

デリケートゾーンのニキビの治し方とは?

蒸れや刺激を軽減するためには、できるだけ通気性の良い下着をつけるようにして、生理のときも紙ではなく布ナプキンを使うようにすると良いです。

ボディ用ソープでごしごし洗ってしまうと刺激が強すぎますし、洗浄力が強いため膣内の環境を保つための善玉菌まで殺してしまう可能性があるため、ボディー用ソープではなく洗顔用の石鹸などをしっかり泡立ててから優しく洗うようにしましょう。 

このように、清潔にすること、陰部になるべく刺激を与えないようにすること、蒸れ対策を行うことが大切になります。

ですが、これ以外にもっと大切なことがあるのです。それはバリア機能回復させてやることです。

デリケートゾーンは様々な刺激にさらされていますから、皮膚表面を覆って様々な刺激から肌を守ってくれているバリア機能がガタガタになってしまっているのですね。

だから、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなっているのです。

ということは、ニキビを治したければ、バリア機能を回復させてあげれば良いのです。

上記に述べたように、清潔にするとか、刺激を与えないようにするとか、そのようなことを気をつけるだけでも肌の調子は良くなってくるのですが、デリケートゾーンは刺激に対してとても弱い場所ですから、さらにプラスでケアをしてあげることが大切なのです。

ではどういうものでケアしてあげれば良いのかについてですが、デリケートゾーンは繊細なので、無添加の優しい成分のものがお勧めです。

スキンケア商品には、よく分からない化学構造をした成分やアレルギーを誘発する成分が含まれていることもあります。

デリケートゾーンのような繊細な場所に、よく分からない成分を含んだものを使用するのは怖いですよね。

特に女性のデリケートゾーンは赤ちゃんを産むための器官に近い場所ですから、安心安全な成分でケアしていくことが大切なのです。

ちなみにおしりのニキビについても同様のことが言えます。

(関連記事:生理になるとおしりにできるブツブツの正体はニキビ?その治し方

デリケートゾーンの効果的な洗い方とは?

女性なら誰しもが気になるデリケートゾーンの効果的な洗い方とは、どのようなものなのでしょうか。

デリケートゾーンを洗う場合、顔や体を洗う時のようにしっかりと泡立てた石鹸を使用することがポイントです。

キメ細かい泡が、しっかりとデリケートゾーンの汚れを吸着してくれます。デリケートゾーンって、案外体を洗った後の最後に洗うことが多くないですか?

最後に洗う場合、ボディーソープの泡がほとんどない状態で洗ってしまっているため、きちんと汚れが取れていない場合もあります。

大切なデリケートゾーンを洗う場合は、しっかりと泡立てたボディーソープを使って、きれいに洗っていきましょう。

デリケートゾーンを洗う場合に重要なポイント2つめは、スポンジやタオルを使うのではなく、指の腹を使って優しく丁寧に洗っていくことです。

爪をたててしまうと、デリケートゾーンを傷つけてしまうので、優しく汚れの溜まりやすい部分を丁寧に優しく洗っていきましょう。

デリケートゾーンの臭いが気になるからといって、頻繁に洗うのはNGです。すごくデリケートな場所なので、洗い過ぎはトラブルを起こしてしまう可能性もあるので、1日1回夜寝る前のお風呂の時にしっかり洗いましょう。

デリケートゾーンのニキビは市販薬で治るの?

デリケートゾーンにニキビができてしまったら、正直どうすれば良いか悩んでしまいますよね。

病院に行くのはなんだか恥ずかしい、けれども悪化してしまったら嫌だし、そんなとき市販薬を使うという方法が考えられますが、デリケートゾーンのニキビを市販薬で治すことができるのでしょうか?

薬局やドラッグストアには、化膿性皮膚疾患の市販薬が置いてあるので、試してみるのも良いでしょう。

だいたい1000円前後で購入できるので、ほとんど気にならない程度のデリケートゾーンのニキビを治すにはおすすめです。

使用してみて、症状が緩和されなかったり、悪化してしまった場合は、早急に産婦人科や皮膚科を受診することをおすすめします。

ニキビだと思っていても、実は性器ヘルペスや性病の可能性もあるので、市販薬を使ってみるのも良いのですが、できれば病院で受診してみるのが良いですね。

デリケートゾーンだから、病院を受診するのにはちょっと抵抗があるかもしれませんが、デリケートゾーンだからこそ、しっかりと病院で診てもらうことが重要です。

ヘルペスや性病の可能性もあるってホント?

女性のデリケートゾーンにできるニキビ、実はニキビではない病気の可能性もあることをご存知でしょうか。

一見ニキビのように見える女性のデリケートゾーンの吹き出物は、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるものがほとんどで、感染症や皮膚病の一種だと言われています。

女性のデリケートゾーンにできるニキビ、実はヘルペスや性病の可能性もあるようなので、しっかりと対処していく必要があります。

ヘルペスは口の周りにできることもありますが、女性のデリケートゾーンにできる性器ヘルペスで悩んでいるケースも多いようです。

性器ヘルペスはお尻やデリケートゾーンにできやすく、ひどくなるとただれて痛みを伴います。

また、性器ヘルペスの他に、尖圭コンジローマという性病の可能性もあるので、注意が必要です。性行為によってウイルスに感染することで起きてしまう尖圭コンジローマは、性器や肛門の周りにできる小さいイボが特徴的な性病です。

尖圭コンジローマは、特に痛みもなく、1mmから3mmほどの小さなイボのため、ニキビだと思ってしまいがちですが、放っておくと不妊症などの病気になってしまうことも考えられます。

そのため、あまりにも治りが遅かったり、気になる場合は早めに病院へ行くことをおすすめします。

ニキビマスターつるのまとめ

デリケートゾーンにできるニキビは、清潔にしていないこと、生理ナプキンやカミソリなどの刺激、下着の締め付けによる蒸れ、ストレスによるホルモンバランスの乱れなどが原因となって起こるのでした。

ですから、これらを改善できるように、優しい石鹸でしっかり泡立てて洗うことや布ナプキンを使うこと、ストレスを溜めないことが大切なのでした。

しかし、デリケートゾーンはとても繊細な場所ですから、安心安全な成分のものを使ってプラスで何かケアをしてあげないといけませんでしたね。

私も女なので分かりますが、デリケートゾーンにニキビのようなものがあったり、これが潰れて色素沈着してしまったりするのはとても恥ずかしいです。

今では、デリケートゾーンの色を綺麗にするための整形術なんてものもあるくらいですから、陰部の色を気にする方も増えています。

高額な手術代を払わざるを得ないくらいになってしまう前に、自分でしっかりケアをしていきましょう。

デリケートゾーンのケアをするのに優れていると私が思うものは、無添加の全て食べられる成分で作られた、バリア機能を回復しつつ色素沈着も消してくれる、こちらの商品です。

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.