ニキビケア

インナードライには乳液をつけない方が良い!ニキビ改善へ

更新日:

af9920067822w

インナードライには乳液をつけない方が良い!ニキビ改善

インナードライって聞いたことありますか?肌の内部は乾燥しているのに、肌表面はテカテカしている肌のことです。そのため自分の肌の状態が良く分からないまま、間違ったケアをしてしまう人が多いんですよね。

 

カサカサなのかテカテカなのか良くわからない肌ですが、インナードライの方に必要なのは、保湿ではなく保水です。バリア機能が破綻している状態ですから、実はニキビ改善のためには乳液はつけない方が良いのです。

 

それではインナードライの原因、どうして乳液がいらないのか、どうやって保水すれば良いのかについて、詳しく見ていきましょう。

インナードライって何?どうしてなるの?

8cbaada0c7ce53b796eaf3b66f07011c_s

インナードライのお肌の中は水分が足りず乾燥しているので、肌は自分を守るために皮脂をたくさん作ってしまいます。だから表面はテカテカしているのです。

ニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まることでできますから、インナードライ肌の方はニキビができやすい方が多んですね。インナードライの症状とは、次のようなものです。

  • テカっているのにつっぱっているような気がする
  • 化粧水が浸透している気がしない
  • お昼には顔がテカテカしている
  • 触ると硬い、ザラザラしている

 

乾燥肌なのかオイリー肌なのかよく分からないですね。だから、間違ったケアをしてしまいがちなのです。では、どうしてこのようになってしまうのかというと、次のようなことが挙げられます。

  • さっぱり系の化粧水を使っていた
  • オイルクレンジングでメイクを落としている
  • 石鹸を使っての洗顔を一日3回以上していた

 

肌の中の水分を奪ってしまった結果インナードライになってしまっていたんですね。さっぱり系の化粧水はアルコールが含まれていることが多いため、揮発性が高く、周りの肌の水分が奪われてしまいます。

オイルクレンジングや洗顔のしすぎは、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうため、肌表面の天然コーティングがなくなってしまい、内部の水分が蒸発してしまうのです。

 

その結果、肌がガタガタになってしまい、うまく保水することも雑菌の侵入を防ぐこともできなくなって、ニキビなどの肌トラブルにつながってしまうのです。

でも、それなら、化粧水で水分を浸透させたあと、乳液でしっかり蓋をすればいいじゃん!と思う方もいますよね。でも、この行為は所詮、一時的なその場しのぎのものでしかないのです。それどころか、インナードライを助長させてしまっている可能性もあるのです。

どうして乳液がいけないの?

185aa5b4b35b9d21d2fce8e7dedd4e20_s

インナードライは皮脂の取りすぎが原因です。そのため余計な皮脂が出てしまっているのです。毛穴は皮脂を取られすぎると、それ以上の皮脂を出す性質を持っており、また、外側から保湿されすぎると皮脂を出さなくなるという性質も持っています。

 

なので、乳液をつけなければいけないほどに皮脂を取りすぎないこと、天然で正常な毛穴からの皮脂で潤うように、ターンオーバーを正常化させることがとても大切なのです。

 

皮脂を取りすぎないためには、洗顔をしすぎないことです。しすぎないというのは、一日に何回も洗顔をするのは言うまでもなく、洗顔料を使っての洗顔を指します。つまり、洗顔はお湯で十分だということです。

 

もっちり濃密な泡で洗えば毛穴の汚れが取れるなどと言われていますが、それだと皮脂が取れすぎてしまうのです。汚れをとるなら、お湯だけでほぼ全て落ちてしまうので、わざわざ洗顔料を使う必要はないのです。

(関連記事:ニキビが気になるなら洗顔料は使わない方が良い?肌力を取り戻そう

 

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

ターンオーバーの正常化については、外側から乳液などのクリームをベタベタ塗るのではなく、保水を重視したケアをする方が大切です。肌を甘やかしてしまうと、自分で皮脂を出すのをさぼってしまうため、根本的な解決にはなりません。

一旦乳液をやめてみると、自分ではオイリー肌だと思っていたのが、実は内部は乾燥していたということが分かると思います。

 

なので、皮脂を取りすぎないこと、ターンオーバーの正常化のために保水を意識することが、インナードライ肌の改善にはとっても重要なことなのです。その結果として、ニキビの改善につながります。

 

こうして肌の質を改善しない限り、一時的にニキビが治ったとしてもまた同じことの繰り返しです。モグラたたきを永遠につづけるようなものです。そうではなくて、モグラが来ないような土に変えて行く必要があるのです。

だから、乳液はいらないのです。

4779094_2-e1412150479274

ニキビマスターつるのまとめ

インナードライとは、肌の内側は乾燥しているのに、表面はテカテカしている肌のことです。これは、皮脂の取りすぎが原因で起こるのでしたね。

なので、洗顔をしすぎない、オイルクレンジングをやめるなど、皮脂を取りすぎないことと、肌のターンオーバーを整えるために、乳液はなるべく使わないようにして、保水を意識すると良いのでした。

 

乳液をつけすぎると自分で皮脂を分泌しなくなるため、一時的な解決にしかならないのです。だからニキビができて治っても、また繰り返しできてしまうのですね。

そのために大切なのは、正しい洗顔と保湿を行うことです。

ニキビマスターつるのお勧めは、質の高い洗顔と保湿によって、肌質を根本的に改善してくれるこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

気になるニキビを治すポイントとは?

大きくて固くて痛いニキビ、一刻も早く治したいですよね。

そのために一番大切なのは、先ほど述べた3つを守ることですが、特に大切なのは、洗顔や保湿などの日々のスキンケアの習慣を見直すことです。

ニキビにはいろいろな種類がありますが、どれも大元は一緒で「毛穴に皮脂が詰まること」なのです。

それを改善するためには、肌の状態を良くすることが必要不可欠です。つまり、本質は肌質の改善なのです。

そのために、わたしが良いと感じたものは、肌質を整えてくれるこちらの商品です。

→ ニキビが消えた?使って実感した美容液とジェルはこちら

 

 

 

-ニキビケア

Copyright© 大人ニキビラボ , 2018 AllRights Reserved.