トマトでニキビが治る

MENU
大人ニキビラボ TOP  >  未分類  >  ニキビはトマトで治る!トマトの成分リコピンで美肌を手に入れよう

ニキビはトマトで治る!トマトの成分リコピンで美肌を手に入れよう

photo_tomato

 

ニキビトマトの成分リコピン治る

あなたはトマトは好きですか?私は大好きです!今は旬ではないので高くて夏場ほど食べられないのが残念ですが・・・。

そんなトマト、美味しいのはもちろんですが、イタリアではトマトが赤くなると、医者が青くなるということわざがあるくらい、栄養がたっぷり含まれているんです。

中でも、この赤い色であるリコピンという成分は、ニキビやニキビ跡を消すのに大きな効果があるのです。

それではなぜトマトがニキビに効果的なのかについて、ご説明させて頂きますね。

トマトに含まれるリコピンって何?

トマトには、βカロテンやビタミンC、ビタミンB2、リコピンなど、美肌に効果的な多くの成分が含まれています。その中でリコピンというのは、トマトの赤い色素成分のことです。

リコピンを多く含む食べ物を比較してみると、やはりどれも赤いですね。可食部100g当たりの含有量は以下のようになっています。

  • トマト・・・3.0mg
  • ミニトマト・・・8.1mg
  • スイカ・・・3.2mg
  • ピンクグレープフルーツ・・・3.2mg
  • 柿・・・3.2mg

 

しかしこのリコピン、ただの色素成分ではないのです。これは、強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素の除去に役立つのです。言葉だけ聞くと、なんだか体に良さそうな気がしますが、なぜ活性酸素の除去がニキビの改善に関係するのでしょう?

どうして活性酸素があったらいけないの?

活性酸素というのは、白血球がニキビの元となるアクネ菌と戦ったときに発生します。これは周りのものを酸化させてしまう性質を持っていて、さらに脂質と結合しやすいという特徴もあります。

つまり、あなたの皮脂とも簡単に結合してしまうのです。

活性酸素が皮脂と結合すると過酸化脂質というものができるのですが、これは肌の周囲の細胞を傷つけたり、皮膚の再生機能を低下させます。よって炎症が起きてニキビがひどくなったり、ニキビ跡が残ってしまったりするわけです。

そんな悪者の活性酸素ですが、トマトに含まれるリコピンはこの活性酸素をえいっとやっつけてくれるのです。

活性酸素が抑えられることで、ニキビなどの肌トラブルが改善するだけでなく、メラノサイト(色素細胞)の活動も抑制してくれるので、メラニン色素の合成も抑えられ、色素沈着(しみ)の予防効果も期待できます。

どれくらいのトマトを食べれば効果があるの?

リコピンの効果を実感するための必要量としては、1日15㎎くらいが目安となります。これは、Lサイズのトマト2個分に相当します。リコピンは油と共に摂取すると吸収率が高まるので、オリーブオイルなどをかけて食べるのもオススメです。

しかし、毎日トマトを2つも食べるなんて難しいですよね?そんなときは、トマトジュースでも代用できます。トマトジュース1本(150~200g)で約18mgのリコピンが含まれるので、十分な量ですね。

ですが、「でもジュースにしてるってことは加熱してるし、すりつぶしたりしても成分は壊れないの?」と疑問に思った方もいらっしゃると思います。結論から言えば、全く問題ありません。

リコピンは熱に強いので、加熱されていても成分が減るということはありません。ですから、ケチャップやミートソースなどからでもリコピンは摂取できます。

また、すりつぶすことによって細胞壁の中に入っていたリコピンが外へ出ることになるので、吸収率もアップします。もはや生のまま食べるよりも、ジュースにして飲んだ方がリコピンの吸収率は良いのです。

しかし、市販のジュースは加熱してありますので、リコピンは壊れずに残っていますが、その他の美肌に効果的なビタミン類は熱によって変性してしまいます。なので、ジュースにするなら自分でミキサーなどですりつぶす方が吸収率は高くなり、ニキビ改善効果も大きくなります。

9f9534fa5f8a006b764e3303ce7c3cf8146e4eee1407898422

ニキビマスターつるのまとめ

トマトにはニキビの天敵となる活性酸素を除去してくれるリコピンが含まれているため、ニキビ改善に効果があるのですね。他にもビタミンなども豊富に含まれるため、さらに美肌には効果的なのです。

またリコピンは熱にも強いので、もしあなたがトマトが苦手であっても、ビタミンなどとは違って調理したりジュースにすることで食べやすい形に変えることができるというのも良い点です。

 

しかし、トマトが嫌いだ・・・という方や、そんな毎日トマトばっかり食べられない!という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、リコピンと同じような抗酸化作用を持つ、ビタミンEが配合されたケア商品を使用されると良いです。いくら食べ物に良い成分が配合されていたとしても、それがすべて吸収されるかは胃腸の働きにかかっています。

それならば、直接肌に作用させた方がニキビ改善には効果的ですよね。

 

そのためにニキビマスターつるがお勧めするのは、ビタミンEの他にも様々な有効成分が配合されており、肌を柔らかくすることで成分がしっかりと浸透するこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

同じカテゴリー「未分類」の一覧

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの?

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの? 朝起きたら、なんだか顎や鼻に固いものが・・・。しかも痛い・・・ […]

記事の続きを読む

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当?

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当? ニキビが繰り返し同じ場所にできてしまう、と悩んでいる方は多いの […]

記事の続きを読む

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか?

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか? ニキビが治らないと悩む方は多いですよね。 スキンケア […]

記事の続きを読む

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法 ニキビが大きくなってしまい、膿が溜まってしまったり、出血したりし […]

記事の続きを読む

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか?

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか? ニキビを治すには、脂肪を多く含む食事を摂るのは良くないと言わ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ニキビマスターつるのプロフィール

ニキビマスタ-つるです。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 大人ニキビラボ

    ページトップ