ニキビからの膿や出血の対処法

MENU
大人ニキビラボ TOP  >  未分類  >  ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法

af9920077669l-002

ニキビから出血が!やってはいけない対処法

ニキビが大きくなってしまい、膿が溜まってしまったり、出血したりしてしまうことってありませんか?

このようなニキビはどうしても気になってしまいますし、ついつい手で無意識に触ってしまうなんてことも多いですよね。

 

しかし、これを潰したりいじったりしてしまうと、ニキビは悪化し、治りが遅くなってしまいます。

さらに、このようにして傷が深くなると、色素沈着などのニキビ跡だけでなく、凸凹したクレーターにまでなりやすくなってしまうのです。

 

よって、膿や出血があった場合には、正しく対処することが大切です。

それでは詳しくご説明させて頂きますね。

膿や血が出てしまったニキビにやってはいけないこと

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

膿や血が出てしまったニキビに関しては、まずは清潔にすることが大切です。

ですから、以下の4つのことはやってはいけません。

  • 膿や血液を手で拭き取る
  • 熱いお湯で消毒する
  • 放置する
  • さらにいじってしまう

 

手にはいろいろな雑菌がいますので、特に傷口を手で触るなんてことは絶対にやめましょう。

膿や出血を伴うニキビはかなり悪化した状態ですから、毛穴もかなり傷ついた状態となります。

そんな状態で雑菌まみれの手や爪で傷口を触るのは、自分からニキビを悪化させにいっているようなものです。

 

また、殺菌目的で熱いお湯で消毒をする方がいますが、お湯ではなく流水で洗い流すようにしましょう。

お湯だと傷口に対する刺激が強すぎます。消毒をするのはその後です。

 

膿や血が出てから放置するのも良くありません。

それらには毛穴の中で異常繁殖した菌がたくさん含まれていますから、いくらいじらないほうが良いとは言っても、膿や血が出た後はしっかりと清潔なタオルやコットンで拭き取り、清潔な状態にしておきましょう。

また、その後は放置するのではなく、しっかりと保湿をするようにしましょう。

 

さらに、このような状態のニキビは処置をした後はかさぶたができることが多いため、さらに触ってしまう方も多いです。

私もかさぶたなどはすぐに剥がしてしまいたくなるのですが、ここはぐっと我慢して、それ以上は触らないようにしましょう。

かさぶたになってしまった時は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:剥がしたい・・・けどちょっと待って!ニキビのかさぶたの治し方

 

膿や血が出そうな時はどうすれば良いの?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

膿や血が出たときではなく、出そうな時はどうすれば良いのかというと、潰してしまうことです。

ただし、爪でグッと力を入れて皮膚を破裂させて膿や血を出すのではなく、きちんと出口を作ってあげてから出すことが大切です。

また、先ほども述べた通り、手には雑菌がいますから、潰すときもコットンや清潔なタオルなどで保護しながら潰すことをお勧めします。

正しい膿の出し方についてはこちらの記事に書いてありますので、参考にしてください。

関連記事:化膿したニキビは潰した方が良い!綺麗に治る正しい膿の出し方

 

ちなみに、潰した時に膿や血と一緒に透明な液体が出てくることがありますよね。

これは浸出液というもので、皮膚の再生や傷の治りを早めてくれる効果をもっています。

ですから、この透明な汁は、膿や血と一緒に出さない方が良いです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

関連記事:やばい潰しちゃった!ニキビから出てくる透明な汁って何なの?

 

ニキビマスターつるのまとめ

top2

今回の話をまとめると、次のようになります。

  • 膿や血液を手で拭き取る
  • 熱いお湯で消毒する
  • 放置する
  • さらにいじってしまう
  • 上記の4つは絶対にだめ!
  • 膿や出血を伴うニキビは決して触らないこと
  • 清潔なタオルやコットンで拭き取り、お湯ではなく流水で洗い流しましょう
  • 放置するのではなく保湿をしっかりとし、かさぶたなどになっても触るのは我慢しましょう
  • 膿や血が出そうなニキビはこちらの手順に従って潰してしまいましょう

 

膿や出血を伴うニキビはかなり進行した状態のものですから、正しい対処法はあるにはありますが、すでに毛穴が傷ついており、早期のニキビよりはどうしても跡になるリスクが高くなります。

上記のことを守っていればひどい跡やクレーターになってしまう確率は低いとは思いますが、跡にならなかったとしてもニキビの状態でかなり目立つものであるため、できればそんなニキビは作りたくないですよね。

 

そのためには、ニキビができにくい肌質を作っていく必要があります。

つまり、日々のスキンケアを見直す必要があるということです。

 

これがしっかりとしていれば、そこまで悪化するニキビはできないはずですし、ニキビができたとしても治るのが早くなります。

ですから、本当に大切なのは、対処療法ではなく、本質から肌質を変えていくことなのです。

そのために私が良いと感じるものは、しっかりと肌に浸透して肌の内側に水分を保持してくれるこちらの商品です。

肌質改善には保湿も保水も大切ですので、気になる方は記事を参考にしてください。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

同じカテゴリー「未分類」の一覧

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの?

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの? 朝起きたら、なんだか顎や鼻に固いものが・・・。しかも痛い・・・ […]

記事の続きを読む

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当?

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当? ニキビが繰り返し同じ場所にできてしまう、と悩んでいる方は多いの […]

記事の続きを読む

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか?

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか? ニキビが治らないと悩む方は多いですよね。 スキンケア […]

記事の続きを読む

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法 ニキビが大きくなってしまい、膿が溜まってしまったり、出血したりし […]

記事の続きを読む

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか?

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか? ニキビを治すには、脂肪を多く含む食事を摂るのは良くないと言わ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ニキビマスターつるのプロフィール

ニキビマスタ-つるです。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 大人ニキビラボ

    ページトップ