ケアしているのにニキビが治らない

MENU
大人ニキビラボ TOP  >  未分類  >  ニキビが治らない!きちんとケアしているのになぜ?

ニキビが治らない!きちんとケアしているのになぜ?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

きちんとケアしているのにニキビ治らないのはなぜ

「一日3回は濃密な泡でしっかり洗顔もしているし、洗顔後は落とし忘れがないように何度も水ですすいでいます。ビタミンをたっぷりとれるようにサプリメントも飲んでいるし、週に3回はパックもしていてその後化粧水、乳液をたっぷり塗っています。こんなにたくさん気を遣ってケアしているのにニキビが全然治らない!!なんで!?

そんな方いますよね。ニキビを治したい一心で頑張って様々なことをやっているのですが、実は、そうやってケアしすぎていることが逆にニキビを治らなくさせている原因なのです。

では、一緒に詳しく見ていきましょう。

ケアしているのにニキビが治らないのはどうして?

肌には黄色ブドウ球菌やアクネ菌が存在しています。これらは肌の常在菌であり、特にアクネ菌は肌のバランスをコントロールし、正常な肌を保つために働いてくれています。

しかしアクネ菌は空気が嫌いなので、皮脂や汚れが毛穴に詰まっている状態をものすごく好みます。そんな状態になった毛穴で皮脂をエサとして増殖して、炎症を起こし最終的にニキビを引き起こしてしまうので、ニキビの原因はアクネ菌という悪い部分だけが広まってしまっているのです。

ですから、この菌を殺そう、またはこの菌のエサとなる皮脂を取り除こうとして、たくさん洗顔する方が良いことなんだと間違った思い込みに陥る人が多いんですね。

アクネ菌は美肌に必要な菌ですし、皮脂も肌に必要なものです。皮脂は本来肌の表面を覆っていて、内部の水分が蒸発したり、雑菌が肌の中に侵入するのを防いでくれるので、これがなくなってしまうと肌荒れやシミの原因となります。

化粧水や乳液をつけすぎるのも肌には良くないです。ニキビができている時は、バリア機能が壊れてしまっているときなので、このように刺激に敏感なときに余計なスキンケアをしても逆効果になります。

また、外部から余計なことをしすぎると、肌が甘やかされてしまって自分で天然の保湿因子を作り出すことをやめてしまったりするため、クリームをつけているときだけ一時的に潤うだけになってしまいます。

つまり、いろいろ気をつけているのにニキビが治らないという人は、過剰なケアをしすぎていることが多いです。花を育てているときにも、水をあげすぎたり肥料をあげすぎたりしたら枯れてしまいますよね。肌もそれと同じです。

ケアしすぎると、一時的には肌の状態は良くなるかもしれませんが、逆に乾燥したり、刺激になったり、肌をサボらせてしまったりと、ニキビが治るどころかニキビや乾燥、シミなどを誘発する危険性があります。

1204273top

では、どうしたらニキビを改善することができるのでしょうか?

ニキビの正しい改善方法とは何か

ケアしすぎていることが原因で逆にニキビができてしまうのなら、ケアしすぎないようにすれば良いのです。つまり、必要な皮脂を落とさずにバリア機能をきちんと保持することが大切なのです。

バリア機能とは、肌の表面の細胞層のことで、肌が健康な状態ならば肌表面には形や大きさが同じ細胞が綺麗に並び、それを天然の皮脂がコーティングするため、内部の水分が蒸発して逃げることも雑菌が侵入してくることもなく、ニキビができることもありません。

過剰な洗顔や過剰なケアは、このバリア機能を壊してしまうからいけないのですね。だから、このバリア機能を回復させてやることがニキビの改善につながるのです。

そのためにやるべきことは、生活習慣の改善や食生活の改善、ストレスの軽減、たっぷり睡眠をとることなど様々なものがありますが、一番重要なのは、保湿です。

保湿をしっかりすることによって肌のターンオーバーが正常になり、その結果バリア機能が綺麗に整います。そしてその保湿というのも、外側から無理矢理化粧水やら乳液やら塗りたくることでできる保湿ではなく、肌が本来作り出す保湿因子によって保湿される必要があるのです。

乳液などによっても保湿できることはできるのですが、天然の保湿因子には敵わず、逆に邪魔してしまっていることもあります。外的アプローチによって肌の調子を整えることも大切ですが、それは肌本来の力を引き出すようなケアに限りです。

なので、過剰なケアをしすぎて肌本来の保湿因子を邪魔するのではなく、それを手助けしてあげられるようなものでケアしていくのがベストですね。そうすれば、バリア機能が回復してニキビやシミなどのない綺麗な肌を手に入れることができるはずです。

top2

ニキビマスターつるのまとめ

ニキビを治したい一心で、洗顔しすぎたり、パックをたくさんやったり、化粧水や乳液を塗りたくったりすることは、逆に肌を乾燥させたりニキビやシミをつくる原因になってしまうのでしたね。

ニキビを治したいのなら、そのような過剰なケアをするのではなく、肌が天然の保湿因子を作り出す手助けをしてくれるような外的アプローチをしていく必要があります。

そうしてしっかり保湿をすれば、肌のターンオーバーが整ってバリア機能が回復するため、ニキビやシミのない綺麗な肌に生まれ変わることができるのでした。

なので、今まで過剰なケアをしすぎていたなという方は、それらを一旦思い切ってやめてみてください

そのような間違った方法ではなく、王道の正しい洗顔と保湿をしっかりと行っていくことで、肌質が改善されていきます。

そこでニキビマスターつるがお勧めしたいのは、質の高い洗顔と保湿で肌質を改善できるこちらの商品です。

 

ヘッダー加工用ホワイト高さ150

 

同じカテゴリー「未分類」の一覧

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの?

なんか固い!これってニキビ?どうやって治すの? 朝起きたら、なんだか顎や鼻に固いものが・・・。しかも痛い・・・ […]

記事の続きを読む

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当?

ニキビの根っこを治さないと意味がないって本当? ニキビが繰り返し同じ場所にできてしまう、と悩んでいる方は多いの […]

記事の続きを読む

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか?

ニキビが治らないと悩む前に、「腸内環境」見直してますか? ニキビが治らないと悩む方は多いですよね。 スキンケア […]

記事の続きを読む

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法

ニキビから膿や出血が!やってはいけない対処法 ニキビが大きくなってしまい、膿が溜まってしまったり、出血したりし […]

記事の続きを読む

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか?

油抜きの食事は本当にニキビ改善に効果があるのか? ニキビを治すには、脂肪を多く含む食事を摂るのは良くないと言わ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

ニキビマスターつるのプロフィール

ニキビマスタ-つるです。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 大人ニキビラボ

    ページトップ